顔ヨガの効果

顔ヨガの効果と聞いて「顔が変わる!」と一番に思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?もちろん!見た目にも分かる効果でフェイスラインがシャープになったり、目が大きくなったり、ほうれい線が薄くなったり、小顔になったり。嬉しい見た目の変化はもちろんですが、実は目に見えないところにも変化は少しずつ現れているのです。

顔ヨガの効果(お顔編)

・表情癖の改善・むくみ、たるみ予防や改善・しわ、くすみの改善・肌のハリアップ・新陳代謝のアップ
・小顔肌になる・肌のキメを整えメイクのりが良くなる・自然で美しい笑顔・顔の緊張を解きリラックスさせる 他。

お顔の効果だけを見ていると、これだけでも十分すぎる効果!と感動される方も多いのでは?

顔ヨガの効果(健康編)

・免疫力アップ・前向きなセルフイメージ・自己コントロール・語学の発音向上・滑舌を良くする・誤嚥予防
・いびき予防・脳の活性化・ボケ防止・胃腸の働きが良くなる・口臭、歯周病予防・気分爽快 他。

健康編。いかがでしょう!「へぇ〜」そんな効果もあるのねと驚かれた方もいらっしゃるのでは?
顔ヨガ体験レッスンでは表情筋を鍛える前に効果をたくさんお伝えし、表情筋を動かしていきます。

より前向きに

お顔に変化が現れると嬉しくなります♪ましてや、周囲の方に「なんか!変わったね!」「綺麗になったね」と
言ってもらえるとその日が一日ルンルンとした気持ちで過ごせますよね^^
周りの方にそう言っていただけるとより自信も湧いてきます。
更には、色々な事に前向きな気持ちになったりクヨクヨしなくなります。
これも目に見えない効果の一つ。でもそれはなぜ?

脳は勘違いをする

周囲に言ってもらえた何気ない嬉しい一言。
その言葉に『私、変わったんだ♡綺麗になったんだ♡』とポジティブな感情が脳内に起こります。
ここで始まる「脳の思い込み現象」。
その思い込みこそ!自信に繋がります。これはポジティブな感情なのでどんどん思い込んで欲しいのですが、
その反面ネガティブ感情もまた思い込みによって自身の行動や想いにブロックをかけてしまうものなので注意が必要です。

そこでも、もしネガティブ感情に引き摺り込まれそうになったら『口角を上げて頬を上げる
こうすると、ネガティブ感情に一時的になったとしても少し時間を置くとポジティブになります。

脳は鈍感で本当の笑顔か嘘の笑顔かまでは判断ができません。
なので口角を上げるだけで「楽しい」と勘違いをします。

「え?嘘笑いするの?」と思うかもしれません。
私の経験上、感情をかき消そうと無理矢理「感情+笑顔」にしてしまうとストレスになりました。
事実、怒り・悲しみ・不安の感情があるうえでの笑顔はストレスになることも研究で分かっています。
ではどうすれば?

口角を上げる

ただ、口角を上げるのです^^
トレーニングと思って、感情をかき消さず、ただ口角を上げる。

感情に嘘はつかなくて良いのです。
嘘はつくと辛くなります。

顔ヨガに出会ってあと数日で3年が経ちます。
顔ヨガに出会えたことで、自身の感情のコントロールが以前に増して少しずつできるようになってきたのも
顔ヨガのおかげです。

目に見えない効果で、気持ちは前向きに。
そして心身を健康に保っていると継続年数が長くなるごとにそう感じています。

日々を楽しく軽やかに♪
皆さんも顔ヨガライフを一緒に過ごして参りましょう!

Like me+ 石川美知代




コメント

この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事
おすすめ記事
  1. お顔の印象って? Part3

  2. お顔の印象って? part2

  3. お顔の印象って?

  4. 顔ヨガの効果

  1. お顔の印象って? Part3

  2. お顔の印象って? part2

  3. お顔の印象って?

  4. 顔ヨガの効果

カテゴリー

アーカイブ

検索

新着ブログを通知

TOP